fc2ブログ
 
■プロフィール

ドラム缶王

Author:ドラム缶王
62歳で個人事業主となり、中古のドラム缶に特化した仕事をやっています。東日本大震災後、心の安らぎを求めてアメブロを始めました。そして、2011年12月末にセカンドブログのgooを立ち上げました。3番目のブログとしてFC2にも参加いたします。さらに第4ブログとしてyahoo!ブログ『ドラム缶王の日記』を追加発信。サービス終了とともに2019年8月よりブログ名は変更せず、はてなブログに移行しました  

■リンク
■FC2プロフ
■最新記事
■月別アーカイブ

■QRコード

QR

金融機関の淘汰


金融機関は、三行ぐらいになるでしょうねぇ。
どう考えても、淘汰されます。
金融機関は、非生産的部門の典型ですから。
ひと昔前は、銀行と言ったら、ひな型職種でしたけどねぇ。
生存競争は、経済の使命です。

金融機関とは全く無関係な仕事ですけど、生き抜くための要件は、地域との共生です。
意外に、メセナ活動をしていません。
文化活動を、ほぼやってません。
文化財団を作って、少しばかりの基金は創出していますが、伝統的なことに、お金を費やしてないのが少し、寂しいですねぇ。




未分類 | 18:21:09
100円ショップの灰皿


タバコは吸わないけど、さっき、町内の100円ショップに立ち寄りました。
灰皿買ってきました。
来週、鈴鹿市役所で開催中のモータースポーツ関連のお宝博覧会の第2弾に唯一持っている灰皿を展示持ち込みしますので、2週間ぐらい自宅から灰皿が消えますから、代用品を買いに行ってました。




未分類 | 18:17:43
如月の月末


寒いなあ。
今日は、月末です。
ほんと、26日で月末なんて、早いこと、早いこと。
疲れがマックス。
昼から、銀行に行って、仕事用の通帳の記帳します。

いま、亀山市にいます。



未分類 | 15:04:13
早くも月末です


どんよりの、月末。
肌寒い。
朝から、可燃ごみ出して、掃除機掛けて、まったり。
26日が月末なんて、年末の休みより早いなあ。



未分類 | 07:29:19
蜂蜜のど飴

沖縄県に花粉症はない。
北海道には、梅雨がない。
関東には黄砂がない。

喉には、蜂蜜。
私は、喉にタンがからむとき、蜂蜜のど飴をなめます。
100%蜂蜜の、のど飴です。
季節の変わり目。
風邪でなくても、声が出ないときがあるなあ。
花粉症かもしれません。



未分類 | 19:42:21
明日は月末


昨日は寒かったてど、春らしい天気でした。
市内の梅の名所も、きれいに咲き始めてます。
明日は、また、寒い雨の予報。
なんだか、火曜日が天皇誕生日で休みだったから、リズムが狂います。
明日は、早くも月末です。
2月よ、さらばです。



未分類 | 18:59:30
鉄腕アトム


好きなアニメ。
これはもう、保育園の時に、日曜日の午後7時半から8時まで放映していた「鉄腕アトム」です。
当然、当時は真空管の白黒テレビ。
たまに、画像が乱れます。
乱れたらテレビを叩くと、また正常に見れます。
57年前の話です。
いま、回顧すると、白黒ではなく、カラーで見ていたように感じるから不思議。
明治製菓がスポンサーで、マーブルチョコの紙の筒のなかに鉄腕アトムのシールがおまけで付いていました。
そのシールをタンスとか大黒柱に貼って、親に怒られてましたねぇ。




未分類 | 11:17:19
ハウスバーモントカレー


「たら」「れば」でいうなら、もし西城秀樹さんがCMしてなかったら、ハウスにカレーのイメージが定着していなかったかも知れないと感じます。
当たり前ですが、美味しいだけでは、ヒット商品にはなりません。
宣伝効果は大事です。
バーモントカレーの延長線上に、新作のカレーが誕生しています。
インスタントカレーの王道はバーモントカレー。
レトルトカレーなら、ボンカレーだなあ。
野球でいうなら、王選手、長嶋選手のようなもの。
記録は超えれても、記憶は超えられません。




未分類 | 19:40:37
三重県中部地震のとき

かなり前ですが、三重県中部地震のとき、私は鈴鹿サーキットで、フォーミュラーカーのレース観戦してました。
松田次生選手がポール・トゥ・ウィンで優勝。
帰りが大変で、近鉄白子駅で待っていた電車が、なかなか到着しなかったなあ。



未分類 | 19:10:15
神宮徴古館

地元のテレビで、神宮徴古館をピックアップしてました。

神宮徴古館は、いいロケーションです。
神宮美術館、神宮農業館とセットで観ると、なおいい。
神宮徴古館は、ドラマのロケでも使われています。
エンタシス曲線の柱が、ヨーロピアンで和を重んじる伊勢神宮との対比が素敵です。

伊勢神宮にまつわる装飾品などは、原料がないと作れません。
神宮徴古館で飾られた遷宮の品々の中にも、次回の遷宮では絶滅危惧種の生き物から採取する原料は代替品で賄うものもあると聞きます。
職人芸は、原料があってこそ、成り立つのです。

未分類 | 19:01:55
前のページ 次のページ